2017/07/27

論点 国家戦略特区「既得権益の打破迫る制度」毎日新聞

7月25日の毎日新聞に、国家戦略特区制度についてのインタビューが掲載されています。

論点 国家戦略特区「既得権益の打破迫る制度」

既得権益と闘うための制度である国家戦略特区の、仕組みと必要性について説明しています。

なおウェブ版はこちらです。

1 件のコメント:

  1. 八田先生、
    お疲れ様です。繰り返しの質問で恐縮なのですが、獣医師・獣医療の市場について、質問があります。経済学での動的システムを分析するのにCobweb model (https://en.wikipedia.org/wiki/Cobweb_model)というものが使われるようですが、八田先生は獣医師・獣医療の市場はここでいうconvergent caseだと認識していらっしゃるのでしょうか? "The cobweb model is based on a time lag between supply and demand decisions. "とあります。獣医師、また医師の市場はこのtime lagが長い、しかも人材育成のコストが高いこと文科省の告示の理由となっていましたが、八田先生はその理由では市場を政府が規制する根拠にはならないとおっしゃっています。今回新設される加計学園は定員を160名/年を希望していたらしいのですが、獣医師の増員を学部の新設という方法で行うと、一度増員したいと決めてから、実際市場に影響を与えるまで、一気に960人市場に増やすということになります。そうすると、elasticity of supplyはかなり大きい値になりそうですが、先生は獣医師のelasticity of demandはそれより大きい値になるとお考えですか。クリニック代が安いからペットを買おうとか、家畜を買おうとかいう人は少ない(つまり獣医師のelasticity of demandがかなり0に近い)ように私は感じますが、獣医師の市場はdivergent caseにならないと八田先生がお考えになる理由を伺いたいです。 また、もしconvergentだとしても、市場から何らかのフィードバックを受け取るまでに学生や保護者が支払う学費は総計24億、さらに私学助成金と建築費の200億円も費やされます。均衡値が何なのか分からないまま投資するには、あまりに大きな金額ではないでしょうか。
    新設したい大学の質を精査する以前に、大学が未来を含めた需要をしっかりと把握できているかの確認を政府がすることはとても良いことだと私は思います。農水省と文科省がコラボすることによって、資材を無駄にしない適切な制御が行えるのだと思います。なので、獣医師・医師の分野に関して、八田先生がなぜ市場にそんなに信頼を寄せるのか疑問です。是非ご識見いただければ、と思います。

    返信削除